知識〜knowledge〜

【LGBT用語解説】レズビアンとは?

性的マイノリティとされるLGBTの「L」の部分に当たるのは、Lesbian(レズビアン)です。「レズビアン」とは「同性愛者の女性」のことを言います。

「私は女性だけど、女性を好きになったことがあるからレズビアンなのかも・・・」と思った方や「自分はレズビアンだったの?」と悩んでいる人もいるかもしれません。女性が女性に対して憧れたり、ドキドキしたりした場合はレズビアンになるのでしょうか?

このページでは、レズビアンとはどういう人のことなのかをわかりやすく説明していきます。

レズビアンって何?

「レズビアン」とは「女性同性愛者」のことで、もう少し説明すると「自分を女性だと感じていて、女性として女性のことを好きになったり、性的な欲求を持ったりする人」のことです。

なぜここで「自分を女性だと感じていて」「女性として」という部分が入っているかというと、「自分の感じている性別」と「好きになる相手の性別(性的指向という)」のどちらもが女性の場合が「レズビアン」だということになるからです。

実は、性別には「持って生まれた体の性別(身体的性別)」と「自分が心で感じている性別(性自認)」というものがあります。

一般的に身体的性別と性自認は同じであることが多いので、生まれたときの性別がその人の性別で間違いがないと思われていますが、この2つが異なっている場合は「トランスジェンダー」と呼ばれます。トランスジェンダーとは「生まれた時の性別と、自分自身が心で感じている性別や生きていきたい性別が違っている人」のことで、トランスジェンダーの人々にとっては、心で感じている性別が本当の性別なのです。(生まれた時の性別と自分が感じている性別が一致している人のことは「シスジェンダー」という)

例えば、

・女性として生まれてきたけれど、自分のことを男性だと感じている。そして女性が好き

→本当は男性なので「レズビアン」ではなく「トランスジェンダー男性で異性愛者」

 

・女性として生まれて、自分でも女性だと感じている。そして女性が好き

→「シスジェンダーのレズビアン」

 

反対に、

・男性として生まれてきたけれど、自分のことを女性だと感じている。そして女性が好き

→本当は女性なので、「トランスジェンダー女性でレズビアン」

 

ということになります。「同性を好きになること」と「自分の性別をどう感じているか」は切り離して考える必要があります。そして、どれもおかしいことではありません。

ただ、人の性のあり方はグラデーションのようなもので、はっきりと「自分は女性」と分けられない人もいますし、分けられなくても大丈夫なのです。(「LGBTとは?」を参照)

レズビアンにもいろいろな人がいる

また、レズビアンの中には、女性的な外見の人もいれば、ボーイッシュや中性的な外見の人もいます。よく勘違いされる例として、「女性的なレズビアンは男性的な人を好きになり、男性的なレズビアンは女性的な人を好きになるのでしょ?」といった質問があるのですが、必ずしも女性的な見た目の人が男性的な見た目の人を好きになるわけではなく、女性的な人が、同じく女性的な人を好きになることもあります。

このように、見た目に関係なく「女性として女性を好きになる人」のことをレズビアンと呼ぶのです。レズビアンは時として「レズ」と呼ばれる場合もありますが、「レズ」という言葉は相手をバカにしたり、見下したりするときに使われることが多いため、相手を傷つけてしまうことがありますので注意が必要です。(本人が自称で使う場合も多いのですが、他の人が呼ぶときは、そう呼ばれてもOKかどうかは相手に確認した方が良いです)

私はレズビアンなのでしょうか?

女性として女性に恋愛感情や性的欲求を持つ人がレズビアンだと説明しましたが、自分がレズビアンなのかどうかは、実はその人にしかわかりません。女性が女性に対して憧れたり、ドキドキしたりする気持ちを持ったことのある人は多くいます。

ですが、そのように感じる人が全てレズビアンだということはできないし、レズビアンではないということもできないのです。なぜなら、恋愛感情と憧れの気持ちをハッキリここからだと分ける線引きは、他人が決められるものではないからです。

素敵な女性を見て「この人と仲良くなりたい」と思ったり、いつも一緒にいる女の子の友達と「もっと一緒にいたい」と感じたりしたとしても、それが恋愛感情なのかどうかはあくまで本人の実感次第なのです。

例えば、「友達だと思っていたけれど、いつの間にか一緒にいるととてもドキドキするようになっていて、その人のことをいつも考えるようになっていた」としても、それを「好き」かどうか決めるのはあくまで自分だということです。でも、人によっては、その気持ちを認めたくない(認めるのが怖い)ということもあるかと思います。その場合は、その感情が恋愛感情なのかを知るほかにも、自分の中に「同性愛はいけないこと」と考えていないかを振り返ってみると良いかもしれません。

同性愛はいけないことでも異常なことでもないのです(次の項で後述します)が、少数派であるために、「何かいけないこと」のように思わされていることも多いのです。もし、同性愛に対して悪いイメージを持っていれば、それが恋愛感情かどうかを見分けることは難しくなるでしょう。

ただ、レズビアンの場合は女性に対して性的な欲求を感じることも多いです。そして、あくまで「女性同性愛者」のことなので、男性に対しても女性に対しても恋愛感情や性的な欲求を持てる場合は「バイセクシュアル」ということになります。バイセクシュアルの人の中には男性に対しては恋愛感情も性的欲求も持てるけど、女性には恋愛感情だけを感じる、という人もいます。好きになる度合いや持つ感情も人によって様々です。

なので、レズビアンなのかどうかを知りたければ、自分の気持ちを見つめてみることが大切なのです。

病院に行けば、レズビアンって診断してもらえるの?

自分がレズビアンかどうかを知るためにもっと手がかりが欲しいという人は、実際にレズビアンの人に出会い、自分の思いを話したり、相手の話を聞いてみると良いです。病院に行って診断してもらおうと思っても意味がありません。

なぜなら、同性愛は病気ではないため、病院に行っても診断できるものではないからです。WHO(世界保健機関)の疾病分類や米国精神医学会「DSM」等では、同性愛は異常な精神病などではないとして治療するものではないとしています。同じく日本も厚生労働省や文部科学省、日本精神神経学会などが「同性愛はいかなる意味でも治療の対象とはならない」とし、性的指向を矯正しようとするのは間違いだと表明しています。

 

 仮に、同性愛者であるかもしれないことに悩んで病院に行ったとしても「そこであなたは同性愛者です」という診断をしてくれるお医者さんはいません。(ただ、同性愛者であることに悩んで鬱になったり、ストレスから体調を崩している場合には、その症状に対しての対処はしてくれます。そのような場合には、病院も活用すべきです)

 

 なので、自分がレズビアンなのかどうかを知りたければ、実際に他のレズビアンの方に会って、自分の同性に対する感情が、恋愛感情や性的欲求に当たるのかどうかを聞いてみると良いです。自覚している人、経験している人に聞くことで自分と同じだと思えるかもしれないし、これは違うかもと気づくかもしれないし、一番わかりやすいのです。

レズビアンとの出会いはどこにあるの?

 とはいえ、どうやって実際にレズビアンの人に出会えばいいかわからない人もいると思います。そんな時はインターネットの力を借りると良いです。

 「地域名 レズビアン」または「地域名 LGBT」や「地域名 セクマイ(=セクシュアルマイノリティの略)」などと検索すると、その地域にあるレズビアンバーなどのお店や、LGBTを含む性的マイノリティの仲間作り活動を行っている団体が出てきます。そこに問い合わせてみると良いでしょう。

 ただ、レズビアンバーは確実にレズビアンと出会えますが、いきなり行くにはハードルが高く感じてしまう人もいるかもしれません。自分の思いを聞いてほしい、とにかく相談したい、まずはいろんな人に出会ってみたいという場合には性的マイノリティの仲間作り活動を行っている団体を選ぶと良いです。

もし、あなたがレズビアンだったとしたら

 自分がレズビアンなのかを知るために、自分の気持ちを見つめ、他の人と出会うことはとても大切なことです。そして、その過程でもし自分がレズビアンだと気付いたら、同性愛に関する正しい知識を身につけ、気持ちを相談できる人を見つけてください。

 なぜなら、正しい知識を身につけたり、相談できる相手を見つけることは自分を助けてくれるからです。

 もし、何も知らないままだったり、同じような気持ちを持つ人と出会えなかったりすると、「自分は変なのだ」「こんな風に感じているのは自分だけなのだ」と自己否定をしてしまうことや傷ついてしまうこともあるかもしれません。

 実際に「自分の頭がおかしいと思っていた」「仲間に出会うまで、同性愛者はこの地域に自分だけだと思っていた」という人は少なくありません。レズビアンは病気でも異常でもないこと、身近な場所に他にも仲間がたくさんいることを知ってください。

 もしレズビアンであっても、そうでなくても、何よりも大事なのはさまざまな出会いの中で「自分は一人ではない」と安心できること、どんな自分でも大切にしながら生きていけることです。一人で悩まないでくださいね。

 

まとめ

・レズビアンとは「女性同性愛者」のこと

・「性自認が女性」で「好きになる相手の性別が女性」の場合がレズビアン

・レズビアンかどうかは診断できるものではなく、自分にしかわからない

・「他の人に出会うこと」がヒントになる

・「正しい知識」と「仲間」を見つけ、一人で悩まない

・どんな自分でも大切に生きることが何より大事

関連記事

  1. 【LGBT用語解説】ゲイとは?
  2. 【LGBT用語解説】パンセクシュアル(全性愛者)とは?
  3. 【LGBT用語解説】LGBTQとは?「Q」って何?
  4. 【LGBT用語解説】 アライとは?
  5. 【LGBT用語解説】LGBTとは?
  6. 【LGBT用語解説】トランスジェンダーとは?
  7. 【LGBT用語解説】バイセクシュアルとは?

カテゴリー

PAGE TOP