知識〜knowledge〜

【LGBT用語解説】LGBTとは?

「LGBT」という言葉をテレビや本などで見たことがある人も多いと思います。ですが、一つ一つのアルファベットが何の意味なのかを知らない人もいるかもしれません。あなたは「L」「G」「B」「T」という言葉がそれぞれ何を表しているのかを知っていますか?

このページではLGBTのことを知るために、人の性の在り方を表す「セクシュアリティ」について説明しながら、「男」と「女」の2つだけではわけられない性の多様性についてお話ししていきます。

LGBTって何の略?

LGBTとは、性のあり方が少数とされるセクシュアルマイノリティ(性的マイノリティ、性的少数者と呼ばれることもある)の中でも、Lesbian(レズビアン)、Gay(ゲイ)、Bisexual(バイセクシュアル)、Transgender(トランスジェンダー)の人々を表す総称で、それぞれのアルファベットの頭文字をまとめて表した用語です。

なぜ、マイノリティ=少数派と呼ばれているかというと「異性愛の生まれつき男性」や「異性愛の生まれつき女性」が一般的とされている中、これらの人々は少ない存在だとされているからです。では、具体的にこれら一つ一つを説明していきたいと思います。

【レズビアン】

女性同性愛者のことです。もう少し説明すると「自分を女性だと感じていて、女性として女性のことを好きになったり、性的な欲求を持ったりする人」のことです。

レズビアンには、女性的な外見の人もいれば、ボーイッシュや中性的な外見の人もいます。ですが、必ずしも女性的な見た目の人が男性的な見た目の人を好きになるわけではなく、女性的な人が、同じく女性的な人を好きになることもあります。

レズビアンは時として「レズ」と呼ばれる場合もありますが、「レズ」という言葉は相手をバカにしたり、見下したりするときに使われることが多いため、相手を傷つけてしまうことがありますので気をつける必要があります。

【ゲイ】

男性同性愛者のことです。もう少し説明すると「自分を男性だと感じていて、男性として男性のことを好きになったり、性的な欲求を持ったりする人」のことです。

レズビアンと同じく、ゲイも男性的な外見の人もいれば、女性的、中性的な外見の人もいます。誤解されやすい点として、男性を好きだからといって必ずしも女性的な外見や女性的な言葉遣い、仕草をするわけではありません。いろんな人がいます。

ゲイは時として「ホモ」という言葉で呼ばれることもありますが、この言葉は「レズ」と同じく、相手をバカにしたり、見下したりするときに使われることが多いため、相手を傷つけてしまうことがありますので、気をつける必要があります。

【バイセクシュアル】

両性愛者のことです。「男性と女性のどちらのことも好きになったり、性的な欲求を持ったりする人」のことです。または、好きになる相手の性別は問わないという人もいます。(全ての性別を好きになれる人のことを、具体的には「パンセクシュアル」と言います)一言でバイセクシュアルと言っても、男女どちらも同じ割合で好きになれる人がいたり、どちらかというと男性(あるいは女性)を好きになることが多い、という人がいたり、さまざまです。

【トランスジェンダー】

生まれた時の性別と、自分自身が心で感じている性別や生きていきたい性別が異なっている人のことです。トランスジェンダーのうち、生まれた時は男性で自分を女性だと感じている人、または女性として生きようとしている人のことを「MTF(Male To Female)生まれた時は女性で自分を男性だと感じている人、または男性として生きようとしている人のことを「FTM(FemaleTo Male)」と言います。

日本でよく聞く言葉として「性同一性障害」という言葉がありますが、これはトランスジェンダーの中でも、性別への違和感や嫌悪感に対して医療を受けようとする人に対して精神科医がつける「診断名」のことです。

また、トランスジェンダーの人を指して「おかま」「おなべ」「オネエ」などという言葉で呼ぶこともありますが、これらは相手をバカにしたり、見下したりするときに使われることが多いため、相手を傷つけてしまうことがあるので気をつける必要があります。(本人が自称している場合もありますが、イヤな気持ちになる人のほうが多くいます)

人の性のあり方を表す4つの要素

LGBTについてお話しする上で、欠かせない「性のあり方(セクシュアリティ)」というものがあります。それは、「身体的性別」「性自認」「性表現」「性的指向」という4つの項目です。

なぜなら、人の性別は「男」「女」という2つの言葉だけで表すことのできない、いろんな要素から成り立っているからです。下に具体的に書いていきます。

【身体的性別】(セックス)

文字通り、「からだの性別」のことです。生まれたときの性別ということもできます。一般的に、男性であればペニスがあったり、からだの中に精巣があったりします。女性であればヴァギナがあったり、子宮や卵巣がからだの中にあります。また、性染色体といって人の性別を決める染色体がXYの場合は男性、XXの場合は女性としてわけられています。

【性自認】(ジェンダーアイデンティティ)

 自分の性別を自分でどのように感じているか、というものです。「こころの性別」といわれることも多くあります。この性自認には、男性、女性の二つだけではなく、中性(男女の中間である)や両性(男女どちらでもある)、無性(どちらでもない)、どちらかといえば男性、どちらかといえば女性、揺らいでいる、などというように、男女二つだけではわけられない様々な感じ方をしている人もいます。

【性表現】(ジェンダーエクスプレッション)

これは、簡単に言うと見た目の性別のことです。服装などの身につけているものや、仕草、言葉づかいなどが「男性らしい」のか「女性らしい」のかということです。性自認と性表現は一致している場合が多いのですが、そうではない場合もあります。性自認と性表現が異なるケースを表したのが、次の例です。

 

・「性自認が男性」で「性表現が女性」

→「自分を男性だと認識しているけど、見た目には一般的に女性的と言われるものを好み、女性らしいと言われる仕草をしている」(TVなどでオネエと呼ばれている人の中にも、このタイプは多くいます)

 

・「性自認が女性」で「性表現が中性」

→「自分を女性だと認識しているけど、見た目には中性的な服装をしている」

 

このように、性自認と性表現は必ずしも一致するわけではありません。

ただ、何を「男らしい」「女らしい」とするかは、その国や社会の状況によって違ってきます。(例えば、スコットランドでは男性がスカートのような「キルト」と呼ばれる服を着ていますが、これは勇猛果敢な証とされています。)

【性的指向】(セクシュアルオリエンテーション)

どの性別の人を好きになるか、ということです。恋愛対象や性的欲求がどの性別に向いているかということを表しています。この性的指向が異性に向いている人は「異性愛者」、同性に向いている人は「同性愛者」、男女どちらにも向いている人が「両性愛者」ということです。

好きになる性別は、自分の意志や好みで選べるものではありません。いつ誰がどの性別を好きになるかは実は誰にもわからないですし、また、それを無理やり変えることもできないのです。

中には、恋愛感情や性的欲求を持たない人(または、そういう感情が極端に少ない人)もいます。恋愛感情も性的欲求も持たない人は「アセクシュアル」「Aセクシュアル」、恋愛感情はあるけど、性的欲求は持たない人は「ノンセクシュアル」などと呼ばれます。

上記のように、人の性別はさまざまな要素の組み合わせで成り立っています。このことを知ると、人の性のあり方は「異性愛の生まれつき男性」「異性愛の生まれつき女性」の2つだけで表すのが難しいことがわかります。

また、これらセクシュアリティの4つの要素を考えると、「LGBT」とまとめて呼ばれている人々のそれぞれの違いが見えてきます。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアルは「好きになる性別(性的指向)」が同性や両性に向いていること、トランスジェンダーは「生まれた時の性別(身体的性別)」と「自分の感じている性別(性自認)」が違っていることが一般的に少数派なため、性的マイノリティと呼ばれるのです。

性のあり方はグラデーション

セクシュアリティについて考えるとき、「異性愛の生まれつき男性」「異性愛の生まれつき女性」という2つの言葉だけで表すことが難しいのは、もう1つ理由があります。それは「セクシュアリティはグラデーションである」ということです。これは性のあり方は2つだけではなく、さまざまな人がグラデーションのように存在しているんだよ、と言う考え方です。

例えば、「男性」の中にも、バリバリ仕事をして体もムキムキな人もいれば、優しく穏やかであったり、ファッションが中性的であったりする人もいます。

「好きになる相手」も男性しか好きにならない人もいれば、どちらかと言うとこっちかな?という人もいます。「Aセクシュアル」のように、はじめから恋愛感情を持たない人もいて、いろんな人が存在するのです。

 

セクシュアリティの多様性を実感しやすくなる例として、次のようにセクシュアリティの4要素について考えてみたいと思います。

 

①どちらかに丸をつけてください


これだと男女どちらかしかないので、選択肢も2つしかありません。ある程度、セクシュアリティの数も限定されます。

 

では、もう1つ。

 

②線上で自分の感じている位置に点を打ってください

これは①に比べると、より個別的・具体的にセクシュアリティを表すことができます。

人によって、点を打つ位置がさまざまになることが予想でき、いろんな人の存在が見えてきますね。

 

さらに、もう1つあげてみたいと思います。

 

③自由に記入してください

 

これなら、一人ひとりの感覚がより尊重されますね。きっと、同じものは1つもないくらい、様々な答えが出てくるのではないでしょうか?このように、性のあり方は2つだけではないのです。

性の多様性

そもそも、人は一人ひとり違っていて当たり前なんだというのが、セクシュアリティについて考える上で大切なことです。

例えば、LGBTではなくても、人によって好きな服装や趣味は違います。性格だって、外見的にすごく男性的で強そうに見えるけど本当は内面的に優しいところがあったり、可愛いものが好きだったり、女性的な見た目をしていても内面はサバサバしていてたくましい人もいますよね。

それぞれが違っていることが当然で、LGBTに限らず、多様な人が多様なままでいいのです。

このように「性のあり方」は誰しも違うということが大前提なのですが、「LGBT」と一言で表してしまうと、一般的ではない4種類の人々というように感じられてしまいます。

一人ひとりの生き方がそれぞれ異なっているように、「性のあり方」もみんな異なっていていて、すべての人のあり方が尊重されることが大切です。どんな「性のあり方」を持っている人でも大切にされて生きやすい世の中になれば、性的マイノリティやLGBTという言葉もいずれいらなくなってしまうかもしれませんね。

この記事が、一人ひとりが自分のままで大切にされていい存在なんだと思ってもらえるキッカケになれば、嬉しいです。

 

まとめ

・LGBTとはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字を取ったもの

・人の性のあり方を構成する要素には「身体的性別」「性自認」「性表現」「性的指向」の4つがある

・性のあり方はグラデーションのように様々

・多様な人が、多様なままで大切にされることが大切

関連記事

  1. 【LGBT用語解説】パンセクシュアル(全性愛者)とは?
  2. 【LGBT用語解説】バイセクシュアルとは?
  3. 【LGBT用語解説】 アライとは?
  4. 【LGBT用語解説】トランスジェンダーとは?
  5. 【LGBT用語解説】LGBTQとは?「Q」って何?
  6. 【LGBT用語解説】ゲイとは?
  7. 【LGBT用語解説】レズビアンとは?

カテゴリー

PAGE TOP