知識〜knowledge〜

【LGBT用語解説】パンセクシュアル(全性愛者)とは?

セクシュアルマイノリティと呼ばれる人たちには、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の他にも様々なタイプの人がいるのです。

例えば、バイセクシュアルは「男性も女性も好きになる両性愛者のこと」ですが、実はパンセクシュアルと言って「好きになる相手の性別は問わない全性愛者」という人もいるのです。

ここでは、パンセクシュアルについて説明していきたいと思います。このページを読めば、バイセクシュアルとパンセクシュアルの違いもわかります。

性別問わずに好きになれるって変?

LGBTに限らず、どんな人もそれぞれ性のあり方(セクシュアリティ)というものを持っています。その中には「どの性別の人を好きになるか」を表した、「性的指向(せいてきしこう)」という考え方があります。性的指向は生まれ持っているもので、変えようとして変えられるものではないとされています。

性的指向が異性に向いている人を「異性愛者」、同性に向いている人を「同性愛者」、男女どちらにも向いている人を「両性愛者」と呼びます。LGBTの中ではレズビアン、ゲイは同性愛者、バイセクシュアルは両性愛者です。

・レズビアン→女性として女性に性的指向が向いている「女性同性愛者」

・ゲイ→男性として男性に性的指向が向いている「男性同性愛者」

・バイセクシュアル→男性にも女性にも性的指向が向いている「両性愛者」

どの性別の相手に対して恋愛感情や性的欲求を持つかによって、それぞれ名前がついているということです。

大半の方が異性愛者なので、同性愛者や両性愛者は性的に少数派であることを表すのに「セクシュアルマイノリティ」と呼ばれます。(略してセクマイと呼ぶことも)

ただ、性的に少数派とは言っても、同性を好きになることや両性を好きになることが、おかしいわけではありません。

パンセクシュアルとは?

LGBTには当てはまりませんが、セクシュアルマイノリティの中には、「どんな性別でも好きになれる」という人もいます。このような人は「パンセクシュアル(全性愛者)」と呼ばれます。「pan」とは「全て」という意味を表す言葉です。

パンセクシュアルは「全性愛」という文字の通り、全ての性別を好きになることができます。

「男性」と「女性」だけでなく、自分の性別を「中性」「男性でも女性でもない」「男性でも女性でもある」「わからない」と感じている人など、どんな性別でも好きになる対象なのです。

例えば、こんな人も恋愛の対象です。

・体は女性だけど、外見はボーイッシュで自分では中性だと感じている人

・体は男性だけど、外見は中性的で自分では女性だと感じている人

・体は女性で外見も女性だけど、自分ではどちらでもないと感じている人

相手の体の性別や自分の思っている性別がどんな性別であっても、パンセクシュアルにとっては全て恋愛の対象です。中には、「とにかく人間が好き」「好きになる条件に相手の性別は関係ない(問わない)」という感じ方をしている人もいます。

ただ、どんな性別でも好きになれると言っても、「誰でも良い」わけではなく、その人にとって魅力を感じる人であれば性別を問わず恋愛対象になる、ということなのです。

バイセクシュアルとどう違うの?

バイセクシュアルとパンセクシュアルの違いは、簡単に説明すると恋愛の対象となる性別が「2つ(両性)」か「全て(全性)」なのかということです。

バイセクシュアルは「男」か「女」の「2つ」の性別に対して恋愛や性的欲求を感じますが、パンセクシュアルは男女に限らず、どんな性別も「全て」恋愛の対象になります。

 

例えば、

「生まれは女性で、外見は男性、でも自分ではどちらでもないと感じているAさん」

がいたとします。

 

バイセクシュアルの人は、Aさんを「男性」もしくは「女性」として好きになるけれど、

パンセクシュアルの場合は「どちらでもないAさん」として好きになれるということです。

これは、バイセクシュアルの場合、「男」か「女」のどちらかとして相手のことを捉えているうえで好きになることができて、パンセクシュアルの場合は性別が男女どちらかでなくとも好きになることができるということです。

パンセクシュアルは相手の性別を「男」「女」という2つの枠では捉えていない、もしくは性別は問わないのです。「女性らしさ」や「男性らしさ」ではなく「その人だから」好きになることができるという感覚の人もいます。

また、パンセクシュアルと似た言葉に「ポリセクシュアル」という人もいます。「pori」は「複数」という意味で、ポリセクシュアルは複数の性別が恋愛や性的欲求の対象となる人のことを指しています。

例えば、「男性」と「女性」と「女性的な中性」は好きだけど、どちらとも言えない人は対象じゃないというようなケースです。恋愛対象が「2つ」でもなく「全て」でもなく「複数」なのが、ポリセクシュアルなのです。性的指向も人によって様々なのです。

パンセクシュアルも人それぞれ

同じパンセクシュアルの中にも、恋愛感情や性的欲求の持ち方や割合は人それぞれです。中には「どんな性別の人も好きになれるけど、特定の性別には性的欲求はあまり持てない」という人もいます。

これは、恋愛感情と性的欲求は切り分けて考えるとわかります。

例えば、

・女性には恋愛感情も性的欲求も持てるけど、それ以外の性別には恋愛感情しか持たない

・基本的にどんな性別も恋愛の対象だけど、1つの性別に対しては性的欲求は持たない

と言うケースもあります。

相手に対して恋愛感情は持てるけど、性的欲求は持たない人のことを「ノンセクシュアル(非性愛者)」と言いますが、パンセクシュアルでノンセクシュアルという人も存在するのです。

このケースだと「どんな性別でも好きになれるけど、どんな性別にも性的欲求は持たない」と言うことになります。

恋愛に対するあり方も人それぞれ

パンセクシュアルは「どんな性別でも好きになる全性愛者のこと」ですが、「好きになる相手の性別」や「恋愛感情や性的欲求の度合い」などは、性のあり方(セクシュアリティ)は人によって本当にさまざまです。

これは、パンセクシュアルに限らず、どんな人にも言えることです。

例えば、

・パンセクシュアルだけど性的欲求を持たない人

・異性愛者であまり恋愛しない人

・バイセクシュアルでどちらかと言えば男性の方が好きな人

と言ったように、100人いれば100通りの性のあり方があります。

これらはどれもおかしいことではないのです。

大半の人が異性愛者の中では、そうでは無い人が「こんな気持ちなのは自分だけなのかも・・・」「一人ぼっちな気がする・・・」と思ってしますこともあるかもしれません。

ですが、あなたは決して一人ではありません。本来、性のあり方は一人ひとり違っていることが自然で、多様性を持っているものなのです。

大事なのは、言葉で切り分けて自分の感覚や価値観、あり方を押し付けることではありません。

性のあり方は、そもそもみんな違っているけれど誰もが大切な存在であることを知り、多様な人が多様なままで、自然に社会の中で暮らしていけることが大切なのです。

まとめ

・パンセクシュアルとはどんな性別でも恋愛対象になる「全性愛者」のこと

・バイセクシュアルの恋愛対象は「男性」か「女性」の2つ、パンセクシュアルは「全ての性別」

・同じパンセクシュアルでも人それぞれ違う

・100人いれば、100通りの性のあり方がある

・多様な人が多様なままで自然に暮らしていけることが大事

関連記事

  1. 【LGBT用語解説】LGBTQとは?「Q」って何?
  2. 【LGBT用語解説】ゲイとは?
  3. 【LGBT用語解説】LGBTとは?
  4. 【LGBT用語解説】トランスジェンダーとは?
  5. 【LGBT用語解説】レズビアンとは?
  6. 【LGBT用語解説】 アライとは?
  7. 【LGBT用語解説】バイセクシュアルとは?

カテゴリー

PAGE TOP